×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

波動注意報
「波動汚染」の広がりを防ぐためニューエイジ系・オカルト系「波動」 「水の結晶」の関わるイベントや活動などに一般企業や公的機関が参加した時に注意報を出します。
 
{カウンター}
 - 活動状況
波動信奉者・波動の存在を揺るぎなく信じてる方はページを閉じられる方がよいでしょう。
 
◆ 活動状況 ◆
 
12/15
東京都の小学校の該当地区 教育委員会 様からご返事を頂きました。

--------(ご返事から一部を抜粋)------------
学校長に改めて確認したところ「水の伝言」については、あくまでも話の内容を子 どもたちにわかりやすく説明するための比喩であり、K2様がおっしゃるような意図はまったくなく、内容を読ませていただき、初めて根拠に基づいた内容ではないことを知ったとのことです。
あらためて「水の伝言にかかわる集会の内容」について、さまざまな視点から問題であるとのご指摘を受けましたので、総合的に判断しホームページを削除することといたしました。
--------------------

お忙しい中、ご返事をどうもありがとうございます。
学校へは簡単な説明しか用意できませんでしたが、科学的に間違いも有り、教育に利用することに問題の可能性があるとして連絡を入れているのですから、「子どもたちにわかりやすく説明するための比喩であり、…」という部分はどういう意味なのかさっぱりわかりませんが、私の指摘するような意図ではなく、という部分から、おそらくは「波動ビジネスを広めようとしているわけではなくて、…」ということだろうと思います。

それはわかっております。
「良いお話の一例」としてであっても教育に利用していくことが問題とされているのです。
連絡を受けて初めて問題に気がついたというなら返事をくださればよかったのではないかと思います。
どうも態度と主張に食い違いが感じられて釈然としませんが、責任の追及を受けたくない、という事から神経質になって勘違いをされているような気がします。
今まで数々の学校に連絡を入れてきましたが、このサイトやブログで文句を書き連ねることはあっても、直接学校に「責任をどうするんだ?」と問いただした事は一度もありません。
「教師なんだから自分で考えろ。」と思っています。

とりあえず、問題が含まれる可能性を理解していただけたようなので良かったと思っています。
12/08
ご返事が無いようでしたので、東京都の小学校へ電話を入れてみました。
お忙しいところ対応していただきましてありがとうございました。

「それを使って何かをしたというワケではない」(氷結晶写真や水伝の話)
「たまたまその場面で見せただけ」
「指摘されるようなことでは無いと考えている」
「水からの伝言が問題視されている事は理解している」

児童のイジメ(言葉遣い・無視 など)の問題について学校の対処のひとつとして「水からの伝言」を利用しているわけですから、たまたま見せたのであって大きな意図が有ったワケではない、というのはよくわからない話です。
問題視されている事を理解しながらもその利用について意見を受けるようなことではない、という考えも意味がわかりません。

話の限りでは、イジメ問題への取り組みとして「どうでも良い話をたまたま適当に取り上げてみた」ということなのでしょうか。

話の終わりの確認も無くそうそうに電話を切られてしまったので、以前から問題として理解されていたのか、こちらの連絡を受けて理解したのか、これから先も利用される事があるのか、よくわかりません。

「意見交換などをする時間が無い」とのことでしたから 返事を返すこともしない、ということでしょう。
そのような態度を「無視する」というのではないでしょうか。
このような連絡についてのご意見もお持ちのようでしたし、メールで済むのですからぜひとも「返事を返して」いただけたら、と思います。

問題があるから利用しないのか、 問題があるけど都合がよいから利用していく のか、これから先も利用はするけど問題となるから公にはしないのか、わかりませんが、問題や様々な意見があることを理解しているとのことですから今後の学校の対応に期待したいところなのですが、話を打ち切りたい態度があまりにも見え見えだったので期待できないかもしれません。一応該当地区の教育委員会に連絡を入れておきました。

12/05
東京都の小学校で「水からの伝言」が利用されている事について、小学校へ簡単な注意報と問い合わせを入れてみた。
09/15
広島県の小学校 学校長様からご返事をいただきました。(頂いたのは14日夜)
--------(ご返事から一部を抜粋)------------
こちらも「水からの伝言」についての深い見識もない状態での掲載並びに使用であり、ご指摘により改めていろいろな資料を読ませていただき勉強いたしました。と同時に内容や出版の意図を充分調査せず使用したことを反省しています。

(〜略〜(教材として利用した経緯))

充分な調査をしないでの取り扱いとなりましたことを深く反省し、また今後の警鐘とさせていただきます。このメール送信と同時に、ホームページについては削除する予定です。
--------------------

お忙しい中、ご返事ありがとうございます。
ご理解もいただけたようで大変感謝しております。
思わぬところに思わぬ怪しい話が絡んでいたりするのでなかなかそれを見抜き選別することは大変かもしれませんが、お気をつけください。
ありがとうございました。
09/12
今のところ広島県の小学校からは返事はありません。メールのタイトルに小学校名が入っているわけですから開きもせずにスパムメール扱いになるとは思えないし、できるだけ分かりやすく説明をしているつもりですが、(今までのこの活動から)読んでもメール内容を理解できない教師が居そうにも思います。そこで最低でも疑問が浮かびメール内容を再確認するだろうという限りなく簡単な文を広島県の小学校に再度メールを出しました。
09/06
広島県の小学校での波動関連の授業について同小学校へ注意報及びどのようなお考えをお持ちか質問を入れました。
(また広島ですか。どうも一部で妄想がはびこっているようですね。広島の方はお気を付けください。あ〜ぁ、広島菜の古漬けが食べたい。)
07/12
愛知県の小学校 学校長様からご返事を頂きました。
--------------------
 7月11日●●●●市教育委員会より連絡が入り, K2様の「波動注意報」のメールを初めて開いた次第です。
先ずもって返事が大変遅くなったことをお詫びします。最近不審なメールが多く届き,アドレス等を見て発信者が分からないメールは削除しています。ファックスも届いていたことは記憶していますが,「波動注意報」という意味が理解できない内容でしたので,確認せずに廃棄しました。失礼なことをしたと反省しています。
 次に,「●●●●●」を教材として利用した経緯について説明したいと思います。
●●●は社会の時間に「上水道や下水道」の学習を通じて水を大切にしようとする学習を進めているときに,ある職員から「水に関するいいお話があるから。」と「●●●●●」を紹介されました。●年担任が内容を読んでみると,「水」の大切さ、優しいことばの大切さが記述されていたので,読み聞かせをして,その後に感想を書く活動を行いました。そして,1実践例として,また,水や言葉を大切にしてほしいとの願いからホームページに掲載した次第です。一つの●●●,●●●の●●の話として,読み聞かせを行ったわけですが,内容や出版の意図を十分調査せず使用したことを反省しています。
 今後の対応ですが,ホームページについてはこのメールを送信後、削除する予定です。
 今後このようなことが起こらないように慎重に対処していきたいと思います。大変貴重なご指摘・ご意見をいただきありがとうございました。
---(記事特定に繋がりそうなので●で伏せました。●字数も関係無し)---

お忙し中、ご返事を有り難うございます。
ご理解頂けたようですので嬉しく思っています。
学校長様にはご心労をかけさせてしまったのではないかと思いますのでお詫びいたします。
学校長様、愛知県教育委員会 義務教育課様、●●●●市教育委員会様、ご理解ご対応ありがとうございました。
(●●●●市でごめんなさい。素速いご対応をありがとうございます。)

個人的な気持ちとして、メール・ファックスでの連絡となりましたがメールのタイトルには「学校の記事について」といったことを書いてありますからまったく開きもしないでスパムメールなどの扱いになるとは考えられない気持ちはあります。
フリーメールアドレスだから不審なメールとされると行き交っている大部分のメールが不審なメールになりそうです。(笑)
フリーメールアドレスをスパム扱いとしてメールソフト上で仕分け設定されていれば目につかない可能性はありますがそのためのファックス連絡ですしね。
(「意味が理解できない内容」と思われたのは立ち直れなくなりそうです。よほど書き方が悪いのでしょうかねぇ。精進したいと思います。そしてほっといてもすぐ立ち直ります。泣きながらですけどね。)
07/10
小学校の記事について愛知県教育委員会に連絡を入れました。(07/12追記)

07/06
愛知県の小学校へ記事掲載(転載)の許可を求める連絡を入れました。
07/03
愛知県の小学校からはご返事が無いのでメール確認についてのファックスを入れました。
06/27
愛知県の小学校サイトに掲載されている「水の結晶」関連記事について注意報・及び質問の連絡を入れました。
06/21
鹿児島県小学校の記事への連絡についてこちらの確認不足のために間違いがありました。
具体的に間違いの内容を書くと記事の特定に通じる可能性もあると思われるので伏せさせていただきます。
学校長様には大変不快な思いをさせてしまったのではないかと思います。
お詫びいたしたいと思います。申し訳ありませんでした。

間違いが記事内容に直接関係するというわけではありませんので、内容が「水の結晶」絡みであることには変わりませんが、やはりこのような間違いをしてはいけないと思いますので今回はこれで終わりとしたいと思います。
(追及を続けたい気持ちはありますが、自分のミスなので致し方ないという思いです。お詫びのメールも出しました。何やってんだか、自分。)
追記:自主的なものであって、何らかの意見を頂いたということではありません。返事は頂いておりません。
06/19
ご返事を頂けないようなので鹿児島県の小学校へ記事掲載(転載)の許可を頂く連絡を入れました。
06/15
鹿児島県の小学校へ、メールを確認されていない可能性も考えてファックスで連絡しました。
06/12
鹿児島県の小学校サイトに掲載されている「水の結晶」関連記事について注意報・及び質問の連絡を入れました。
06/06
兵庫県の小学校 学校長様からご返事をいただきました。
--------------------
(〜略〜)
私は、「ありがとうございます」「どうぞお願いします」「失礼します」など子ども達に躾を指導する上では大切な言葉だと考えております。
(その他にもいろいろな言葉や作法がありますが。)
しかし、指摘されたように深く彼のことや研究を考えて書いたわけではありません。その意味から公教育に携わるものとしては反省する必要があります。
そして、少しでもこの記事で不愉快な思いや嫌悪感をもたれることは、私の本意ではありません。
(〜略〜)
そして、学校教育の中ではこの「水の結晶」等を通じて道徳や学活に使うようなことはありません。
--------------------
注: 文中の「彼」は波動関連書籍著者の事。

学校の特徴が書かれた箇所もありますから、割愛して一部を掲載させていただきます。
とてもご丁寧でしっかりと自分のお考えの書かれたご返事を頂きまして大変嬉しく思っています。
問題をご理解いただけたようで感謝いたします。
お忙しい中、おつき合いくださいましてありがとうございました。

今までの活動を考えると、返事を返さない人、返事の遅い人、返事が適当な人ほど素直に理解されてないという感じはしますね。
何か心に壁を作っていて素直に現実を見つめられないのじゃないかと思ったりします。
(人それぞれの部分もあるので簡単にあてはめてもいけないのでしょうけど。)

06/05
兵庫県の小学校サイトの学校長の書かれた「水の結晶話」について小学校に注意報と質問を入れてみました。
(さすが大流行の地域だけあってネットで目に付く事も多い。多くの大人の情報を見抜く力、理解力がこれほどまでに乏しいとは将来が危ぶまれるね。せっかく現代に生まれ育ってるのに何百年前の物の捉え方をしてるんだか。狂った商売のエサだらけだ。)
05/29
千葉県の小学校の担当者様からご返事を頂きました。
--------------------
● 「水の結晶」を学校教育に利用することについてどのようにお考えでしょうか?

今まで、波動ビジネスなど、全く分からなかったので、ご連絡頂き、勉強になりました。
今後は、取り上げることありません。

● ブログの記事から○年○月に朝会で話されたわけですが、これからも利用されることはあるのでしょうか?

まったく、ありません。話をしたのも、一教員であり(現在は、本校にいません。)
学校としては、一切教育に利用していませんし、今後も利用することはありません。
なお、記事は削除致します。
--------------------

お忙しい中ご対応してくださいまして、ありがとうございます。
小学校 様には突然のご連絡で不愉快な思いをさせてしまったかもしれません。
お詫びいたします。
1職員だけの話で学校全体として「水の結晶」を教育に利用していたわけではなくてホッとしました。
05/29
千葉県の小学校サイトのブログ内容から、全校朝礼で「水の結晶」の話をされている事について注意報及び質問を入れました。
05/19
島根県 小学校 学校長 様からご返事をいただきました。

-------(学校名だけ削除)-------------
「波動注意報」 管理K2 様
ご指摘をいただきありがとうございます。ご返事が遅れてすみませんでした。子どもたち同士の言葉遣いや思いやりの気持ちがお互いのやる気を育てるという趣旨の講話の例として取り上げたわけですが、「水の結晶」についてそのような見方や考え方があることを知りました。誤解を招くことのないように学校としてもこの部分を削除することといたしました。
2005年5月19日
学校長
--------------------

数日前から時々サイトを見られていたようですが、できればもう少し早くご返事をいただきたかったものです。
私はこのメールに対して返事を出しましたが、気になることがあるのでメールに書いた事をこちらにも書いておきます。

--------------------
え〜、「見方」「考え方」とはどういうことでしょうか?
まだ分かっていないように思えるのですが。

良い「例え」を思いつきました。
学校で見られてるのでしょうから、試しに近くにあるノートや書類や本などなんでも構いませんから持って立ってください。
そして手から離してみてください。
落ちますよね?
それは「見方」や「考え方」ではありませんよね?
落ちますよね?
私は試さなくても事実として知っていますが、校長先生はそれに対して不信感を持っているのかもしれませんので、試しに1万回ほど続けてみてください。
1万回手を離すと1万回とも下に落ちます。
「見方」や「考え方」ではなく、「事実」であることが実感できると思います。
「水の結晶(波動)」がデタラメな話であり商売用なのも、それに対しての科学的判断も、教育への利用の問題なども、同等の物ですよ。
「見方」や「考え方」ではありません。
デタラメな話であるという「事実」です。
--------------------

(一応補足。「見方」「考え方」ではない、とは「落ちる」という状態を別の言い方で表すことはできない、という話ではない。宇宙に大異変が起きて従来の物理現象が変わる可能性は「0%」と言ってるワケでもない。この話に対しそう思ったならそれはアナタがまったくズレている。「例え」として伝わりやすいのではないかと思い、出してるだけであり科学論文などを書いてるワケではないからね。)
(補足 2。返事に対してのこちらからのメール文の中に問いかけの「?」があるが、答えを要求してるというわけではない。それに対して返事は無くて良い。)
とりあえず、学校サイトの記事は削除していただけるとの事ですし、全校集会や授業での利用もしない、というお考えだと思いますからサイトの「日本の恥」ページに記事を掲載(転載)させていただきましたが、記事を削除いたします。

05/18
ご返事が無いようですので、島根県 小学校 様の記事を掲載(転載)しました。
小学校 様 無言の許可了承をありがとうございます。
05/15
05/12にメールをチェックしていない可能性も考えて島根県の小学校へファックスを出しました。
思いっきり無視されているような気もしますが、そうで無い事を願います。
05/08
島根県の小学校サイトに掲載されている水の結晶の記事について注意報と質問をしてみました。
05/02
神戸市教育委員会様から有野台小学校についてご返事がありました。
私が有野台小学校様から受けた返信と同内容の連絡を校長先生から受けた、という事でその内容についての意見などは書かれていません。
有野台小学校様の返信は「話をはぐらかそうとしている」だけなのでそれについての「意見」が大事だと思うのですが。
みんな、もう少し素直になりましょうよ。
04/27
広島県の小学校 校長先生からご返事がありました。
----- 引用(「記事」部分は該当記事名から「記事」に変更) -----
ご指摘ありがとうございました。
子どもたちの言葉の乱れが気になり、 相手を思いやる心とその気持ちをきちんとした 言葉で伝えることの大切さを伝えたく引用しました。
今後は、引用いたしません。
「記事」については、引用部分を削除いたします。
--------------------

お忙しい中、ご返事ありがとうございます。
(管理人は小心者なので内容に限らずご返事があることだけで「ほっと」するのです。)
突然のご連絡で校長先生や教師の方々に心労をかけさせてしまったかもしれません。
お詫びいたします。
対応していただきまして、ありがとうございました。
04/24
広島県の小学校のサイトに掲載されている波動関連書籍を取り上げた記事について注意報及び質問をしてみました。
04/20
兵庫県教育委員会様から有野台小学校の内容については設置者である神戸市教育委員会へ伝えた、とご連絡を頂きました。
私も兵庫県教育委員会に連絡を入れた時に神戸市教育委員会にも連絡は入れています。
少しは対応が行われると良いですね。
私は学校や教師を追い詰めていこうと考えてるわけではないですが、有野台小学校については2006年04月03日に頂いたご返事のメール以降こちらから出した返事に対して答えを頂いていませんから「日本の恥」の記事もそのままの状態です。
該当地区にお住まいの方は注意深く見守られると良いのではないでしょうか。
頂いたご返事に「年度が変わるのでページは更新されます。」といった事が書かれていたので今は該当の記述は無いのかもしれません。
「学校の予定で記事削除します。」って言われてもね〜。
04/14
沖縄県教育委員会からはまだ返事はありません。
対応中なのか返事をする気が無いのか判断できませんが、該当記事を転載(掲載)する許可を求める連絡を入れました。
単純に、忙しくて抗議・クレームの中身を確かめることも出来ずついつい無視してしまう、ということかもしれませんが、アンタ達はいつもそんな対応してるの?
04/10
沖縄県教育委員会に同サイトに掲載されている「平成17年度教育課程研究の概要(小学校)  那覇資料」の中に「水の結晶」の話が出ていることについて情報を持っていない可能性を考えて、注意報と同資料の内容が18年度以降も教育に利用されるのか、どう考えているのか、質問を入れてみました。
(もちろん、現在は問題をわかっていてこれからの教育には利用しないと結論が出ている可能性もありますが、さてどうでしょう。)
04/01
ご返事もご対応もありませんので、連絡通り記事を掲載(転載)していきます。
兵庫県神戸市立 有野台小学校 様、無言の許可了承をありがとうございます。
今後も話が学校教育に利用されていく可能性があるので、神戸市教育委員会と兵庫県教育委員会に連絡を入れておきました。
なんらかの対応があるのかは、わかりません。
該当地区にお住いの方は注意深く見守りください。
03/30
兵庫県の小学校からは現時点では返事も無く、記事への対応も見られません。連絡メールをチェックして無い可能性もあると思うので「メールを確認しているか?」とファックスで送りました。学校へファックスするのは以前も何度か行いましたが、メール同様返事が無い事も多く「波動」に対してできるだけ金を使いたくないという気持ちもあったので最近は送らないようにしていました。
金を使っても良いと思ったのは「AERA」の記事掲載だけかな〜?ただし、他の掲載条件がダメダメでしたけどね。
「電話で確認すれば?」という意見もあるでしょうけど、全国の遠方などになるわけですから同様に金をかけたくないのでした。
学校の電話がフリーダイヤルでしたら2〜3時間ぐらいおつき合いしていただくかもしれません。
03/27
兵庫県の小学校サイトに掲載されている、校長先生の波動関連書を参考にした記事の掲載(転載)許可を求める連絡を入れました。(02/13の学校とは違うよ。)
03/25
文部科学省 資源調査分科会 水資源委員会の第1回、第2回の議事録を掲載(転載)しました。
文部科学省 様、無言の許可了承をありがとうございました。
03/23
東京都羽村市サイトを見てみるとリニューアルしてる。児童館ページのビデオ上映の記述も無いようだ。
それは良いことだが、連絡を受けて見に来てるんだから何か言うことは無いのかね〜?
もう少し格好良い役所の姿を見せてください。
ちなみに当然だが連絡前に該当ページは保存してあるからね。(ま〜、掲載しなくてもいいでしょう。)
そのビデオの内容について明日ニュースメディアで批判の特集が組まれてるから羽村市役所の方々は見るように。
もっとも関西での放映だけどね。

03/20
長野県の小学校 校長先生からご返事をいただきました。
----- 一部引用 ----- 
県教育委員会より、本日連絡をいただき、K2様よりのメールのことを知ったような次第です。
(〜中略〜)
江本勝氏の写真の展覧会を地元で初めて見させていただき、「ああ、こんなことがあるんだ」とことばを大切にしたい思いから、子どもに話しました。そして、「こんな話しをしました」とホームページに載せました。このことが、こんなに重大なことであったと今、知る私の認識の甘さに反省しております。
これが全国的に広がっていること、科学的に証明されていないことを知ったような次第です。K2様にご指摘いただきましたようにこの証明 されてもいないことを、広めてしまったこと、重大な誤りをしてしまったと深く反省 しております。K2様には、教えていただき本当にありがとうございました。
(〜中略〜)
また、先生方にも教えていただいたことを伝えたいと思います。
--------------------
ご丁寧なご返事をありがとうございます。
一個人である私にはこのような手法で伝えることしかできず、校長先生には大変ご心労をかけさせてしまったのではないかと思います。
お詫びいたしたいと思います。
そして、ご返事もいただき、お考えもわりましたし、記事も削除していただけるとのことなので、記事を掲載しましたが削除したいと思います。
(注意連絡は以前はメールだけではなくファックスでも送っていましたが、それでも返事が無い学校はあるので最近はメールだけにしていました。しかし、メールはチェックが遅れる可能性もありますから、やはりファックスでも送るべきかと考えています。)
03/20
文部科学省の水資源委員会の記事で委員が「水の結晶」の話を取り上げている記述の掲載(転載)を文部科学省に求める連絡を入れました。
(委員の一人が疑いもなくこの話を受け入れているようです。ただし、記述には「言葉による水の変化」はさすがにありません。波動関連書籍の中から様々な地域の氷結晶の形の良し悪しの部分を取り上げています。氷結晶の形が良い悪いからその地域(の水?)が良い悪いという感じでしょうか。委員会で肯定的に受け取られているわけでは無いでしょうが、文部科学省の委員が一般の方にこの話をされてきたであろうと思われますから、問題有りと言えるのではないでしょうか。批判ではなく、「話の広がり」という意味で掲載したいですね。 )
03/18
ご返事もご対応も無いようなので、連絡通り記事を掲載(転載)していきます。
長野県 小学校 様、無言の掲載(転載)許可の了承をありがとうございました。
今後もこの話を利用されていく可能性があるので、長野県教育委員会へ連絡を入れておきました。
03/17
東京都羽村市が確認・対応してるのかわからないので、該当記事を転載(掲載)する許可を求める連絡を入れました。
03/13
長野県の小学校サイトに掲載されている、校長先生が波動関連書を参考にして話をされた記事の掲載(転載)を求める連絡を入れました。
03/10
東京都羽村市の児童館の予定表を見ると、3月4日に児童館で「水からの伝言」のビデオ上映会が実施されたようなので、羽村市役所 企画部広報広聴課広報係  様へ注意報を入れました。
03/09
日刊ゲンダイ A版 3月10 金 (9日発行)の「街ネタ 酒ネタ」コーナーに江本勝 氏 著書 「水からの伝言」の「水の結晶」話が肯定的に取り上げられていたので、「ゲンダイネット」へ軽くツッコミを入れておいた。
田中響子 氏(ライター)の書かれたこの記事では、 「水の結晶話」について 東京女子医科大学付属青山自然医療研究所クリニック の所長 川嶋朗 氏の意見が「医学者からの観点」であるかのように紹介されているが、この人自体が「波動」に絡んでる人だ。
この記者はいったい何を調べたんだろう?
(ゲンダイネット→日刊ゲンダイ編集部へと「ツッコミ」メールは転送したとの連絡が来ましたので、今後の記事に対して少しはなんらかの検討がされていくのかもしれません、されないかもしれません。知らん。)

03/08
広島県の中学校 校長先生からご連絡がありました。
----- 一部引用 -----
道徳の資料選定には細かい配慮をして取り組んでいますが、ご意見を読んで、より一層の注意深さが必要であると、改めて考えています。
(中略)
 あなたがおっしゃるような、オカルト的なものを信じているようなことは、本校の教員には全くなく、それをひろめようとする意図など皆無です。
しかし、結果的に、そのようなおそれがないとは言えないかも知れません。
従って、「水からの伝言」の使用については、今後、十分検討したいと考えます。
--------------------
「水の結晶」の話に問題がある(可能性)ことをご理解いただけたようなので、記事掲載(転載)は取りやめたいと思います。
突然のご連絡で驚かれたり、心労をかけさせてしまったかもしれません。
ご丁寧なご返事をいただきまして、ありがとうございました。
03/07
佐賀県 大浦小学校のサイトから該当記事が削除されたようです。連絡は無いのでハッキリはしませんが、佐賀県教育委員会が動いたのかもしれません。
神奈川県 長尾小学校は動きが無いようなので神奈川県教育委員会、川崎市教育委員会、共に確認・対処されてないのかもしれません。該当地区にお住いの方は神奈川県の教育への姿勢には注意をもって見ていくべきかもしれませんね。
03/06
広島県の中学校サイトに掲載されている波動関連書籍を参考にした指導計画書、及び広島県教育委員会の道徳教育実践研究資料として掲載されている同校の資料を掲載(転載)する許可を求める連絡を同校へ入れました。
03/03
ご返事もご対応も無いようなので、連絡通り記事を掲載(転載)していきます。
佐賀県藤津郡太良町立 大浦小学校 様、無言の掲載(転載)許可の了承をありがとうございました。

02/27
佐賀県の小学校サイトに掲載されている、校長先生の書かれた波動関連書籍を参考にした記事の掲載(転載)の許可を求める連絡をいれました。
02/24
ご返事も対応も無いようですので、連絡通り記事を掲載(転載)していきます。
神奈川県 川崎市立 長尾小学校 様、無言の掲載(転載)許可の了承をありがとうございました。
02/20
神奈川県の小学校サイトに掲載されている、校長先生の書かれた波動関連書籍を参考にした記事の掲載(転載)の許可を求める連絡を入れました。
02/17
山梨県向けの教育サイトの管理者様からご返事をいただきました。
記事の筆者にも連絡を取っていただき、記事も削除されました。
筆者とのやり取りはありませんが、記事には元々「書籍の実験をそのまま信じてはいない」と言った事が書かれていましたのでその通りのお考えをお持ちだと思います。
ご理解いただき、記事も削除されましたので記事の掲載(転載)はいたしません。
突然の連絡に対して迅速、ご丁寧に対応していただきまして、ありがとうございました。
02/16
山梨県向けの教育サイトに掲載されている波動関連書籍を参考にした記事の掲載(転載)の許可を求める連絡を入れました。
(インターネットランド(TOSS)では無い。)
02/15
兵庫県の小学校 校長先生から連絡がありました。
記事は削除され、連絡もいただき、お考えもわかりましたので記事掲載はしません。
こちらからの突然の連絡で校長先生には心労をかけさせてしまったかもしれません。ありがとうございました。
----- 一部引用 -----
私は,常日頃,挨拶や言葉かけの大切さを話しています。感謝やねぎらいの言葉をかけることが心の豊かさを育てていくと考えております。
そのことを伝えたく今回引用しました。「水の結晶(波動)」について思い入れは全くありません。
しかし,今回,貴台よりご指摘いただいたことで,引用や表現が不適切であったこと認識し,反省しております。以後十分気をつけたいと思
います。
--------------------
そうですね、「水の結晶」の話を教育に利用されている先生は、「波動」の商品を売りつけるために使われているわけではありません。
「人に対して優しく接する」という気持ちを「波動」の普及に利用されてしまったのです。
伝える、理解する、理解してもらう、そしてその方法というのはとても難しいことですね。
02/13
兵庫県の小学校のサイトに掲載されている波動関連書籍を参考にした校長先生の記事の掲載(転載)を求める連絡を入れました。
02/12
愛知県 学校法人 栄光学園「鳴海ヶ丘幼稚園」「栄光八事幼稚園」の園長先生による波動関連書籍を参考に書かれた記事を掲載(転載)します。
栄光学園「鳴海ヶ丘幼稚園」「栄光八事幼稚園」様、無言の許可の了承をありがとうございました。
02/11
愛知県の幼稚園サイトから波動関連書籍を参考にした記事が削除されました。(02/09 に確認)
返答はありません。
記事を削除されたのはとても良い事だと思います。
「水の結晶(波動)の話はとても間違っていて問題があることがわかった。 」ということでしょう。
まさか、「科学的に マダ 証明されてないだけで、本当は アル けど、やっかいな話になると イヤ だから(みんなに見られる)記事は削除しておこう。」ということではないでしょう。
返事が無いので現在どのような考えをお持ちなのか、さっぱりわかりません。

何か勘違いをされていませんか?

教育者であることに敬意をはらうつもりで、奈良県の小学校の時も「記事削除」と「簡単な断りの返事」で終わりにしてきました。
しかし、 元々波動の話などに惹かれる方には共通の傾向があると考えています。
・本音を出してのコミュニケーションが下手。
・素直な物の見方をしない。ひねくれ者。頑固。
・人を見下げている。しかし、権威には弱い。
・現社会に批判的で憂いているので主流ではなく、マイノリティな物に「真実」を求める。しかし、自分から進んで調べたりはしない。
・ 論理的に考えていく事をわかっているつもり、だがわかっていない。
・正しく物事を見、正しく判断できないので、変にズレている。
・結局、自分の意見が一番正しく大事。
・思いこみは強い。
などなど、いくつかの要素が悪く重なっていると思います。(もちろん全てがあてはまるとは限らない)
教育者でもそれは変わらないようです。

「自分の考えは変えないし、相手にはせず、記事は削除しておけばいい。」「ネット上の戯言」と単純に思われても困るので、連絡どおり納得できるまともな返事が無ければ掲載していこうと思っています。
02/08
愛知県の幼稚園のサイトに掲載されている波動関連書籍を参考にした記事の掲載(転載)許可を求める連絡をいれました。
02/06
奈良県小学校 様からご返事がありました。
--------------------
掲載をお断りします。
2/2 PM5:00 記事を削除しました。
--------------------(記事名改変)
と言った簡単なもので、う〜ん、意見など書かれていると良かったのですが、残念です。(掲載不可も含めて)
記事の削除もされたわけですし、記事掲載はしません。
ま〜、「目に付いた良さそうな話」を使っただけで、「水の結晶(波動)」に思い入れがあるわけでは無く元々意見や感想もあまり無いのかもしれません。
02/05
奈良県小学校のホームページから「水の結晶」を使った全校朝礼記事が削除されました。(02/02に確認。)
返答はありません。
連絡を入れる際に「返答を掲載する可能性が有る」と記してありますから下手に返事は出せないと考えるのかもしれませんが、問題が有る可能性を感じて記事を削除されてるのでしょうから、少しは意志の表明をされた方が良いのではないかと思います。
ちなみに当然ですが、該当記事は連絡前にHTMLファイルとして保存してあります。(検索エンジンのキャッシュにも残っているでしょう。)
勝手な意見を言わせて頂くなら、「返答が無ければ了承と受け取りますよ?」と聞いてるわけですし、連絡後このサイトを閲覧してることもわかってます。
連絡内容を確認していてメールを返す事ができるのに出さない判断なわけですから、後はこちらの判断次第になってしまいますよ。
正しい知識を伝える教育も必要でしょうが、正しいと思う自分の考えを表に出す・間違いが分かれば認めて正すという行動を教師(親)自ら見せる事も教育では無いでしょうか。
(都合の良い事では大きな顔をして、都合が悪くなると知らん顔をする人間を作っていませんか?)
もし、私が強引な要求を出してるように感じられるなら私の伝え方が悪いのかもしれませんが、本当に強引なら勝手に掲載していくでしょう。
または、先に掲載して後から「掲載しましたが良いですか?」と聞くかもしれません。
こちらはそう受け取られないようにと考え、先に連絡を入れさせて頂いてるわけです。
記事を削除されたことに関しては問題を認識して頂けたということで良いことだと思います。

02/03
正確な日付はわかりませんが、インターネットランド(TOSS)に指導書を掲載(リンク)していた福島県の教諭のホームページが削除されていました。
(リンクは18日に削除済み)
02/02
奈良県の小学校ホームページの全校朝礼のページに掲載されている、「水の結晶(氷結晶)」「ご飯に声かけ実験」の記事について転載(掲載)許可を求める連絡を入れました。
01/30
インターネットランド(TOSS)に波動関連書籍を参考にして実践し、作成された指導書を掲載していた滋賀県の教諭の指導書ページとインターネットランド(TOSS)からのリンクが削除されました。
(確認したのは29日ですが、28日に削除は行われたのかもしれません。)
教諭に対しては心労をかけさせてしまったかもしれません。
どうも、ありがとうございました。
以上で、今回の滋賀県の教諭に対しては、インターネットランド(TOSS)の検索ページを転載することなども含めて、これで終わりにしたいと思います。

01/28
TOSSデーに後援として参加している高知新聞社、RKC高知放送に再度の注意報とインターネットランド(TOSS)の問題点を連絡しました。
(注:TOSSデーに参加するな、という話ではありません。)
さすがに参加団体全部に連絡を入れるのは気が滅入るので、自分の地域が関わってる人は連絡を入れてみてはどうでしょうか?
返答などは求めていませんが連絡は入れたので、後々もしインターネットランド(TOSS)の審査能力・修正力の弱さが浮き彫りになった時には責めてあげましょう♪
01/27
インターネットランド(TOSS)のイベント、第4回 TOSSデーの後援参加団体を見ると、以前注意報を出した団体があったのでインターネットランド(TOSS)の問題と当時予告していたように波動に対してのホームページを作成したことを伝える連絡を出します。
高知県教育委員会に注意報とインターネットランド(TOSS)の問題点を連絡しました。(高知県教育委員会には初注意報。)

01/26
インターネットランド(TOSS)から1/20日に連絡を入れた検索ページの転載の許可について返答はありませんので、連絡で問い合わせたように「許可を了承した」と受け取らせて頂きます。
インターネットランド様 無言の許可了承をありがとうございます。

確認のためにもう一度メールを出しておきました。そして同時に滋賀県の教諭の指導書への検索ページ(リンクページ)を画像として転載する許可についても記しておきました。
兵庫県の教諭の指導書へのリンクは削除されなかったので、01/18に福島県の教諭の指導書へのリンクが削除されたのは、インターネットランドの意向では無いのかもしれませんね。福島県教育委員会が教諭に連絡を取ったのでしょうか?
TOSS福島MLの管理者からも連絡はありませんのでハッキリしません。
それを管理と言うのでしょうか?

01/24
インターネットランド(TOSS)に掲載(リンク)されている波動関連書籍(水の結晶の話)を参考にした指導書について滋賀県の教諭に注意報を出しました。

01/20
インターネットランド(TOSS)から福島県の教諭の指導書へのリンクが削除されました。(18日確認。)
インターネットランド(TOSS)からは相変わらず返答はありませんので、

・教諭自身からの要望で削除した。
・福島県教育委員会からの提案で削除した。
・インターネットランド(TOSS)の判断で削除した。

などが考えられますが、

・教諭にはメールが届いてない。
・教諭のサイトには指導書が残っている。
・福島県教育委員会からのメールにはそのような記述は無い。

などから、タイミング的にもこちらからのメールを見たインターネットランド(TOSS)の判断ではないかと思われます。
問題のある指導書へのリンクを削除されたことはとても良いことだと思います。
ありがとうございます。(今回は削除が要望だったわけでは無いですが。)
しかし、指導書をリンクしている検索ページを画像として掲載されてはマズイと慌てて消したようにも見えますし、返答をしないのは自らに問題が有る事を認識してるのに表明はしない態度のようにも判断できるので良い対応とは思えませんね。
それとも、建築物耐震強度偽装事件の株式会社ヒューザー 小嶋社長のように黙り込んで嵐をやり過ごす方法を実践して法則化しようとでもしてるのでしょうか。
なにしろインターネットランド(TOSS)からの返答は無いので(好き勝手な)推測しかできません。

と言うところで、インターネットランド(TOSS)にまだ残っている波動関連書籍を利用した兵庫県の教諭の指導書へリンクしてる検索ページを画像として転載する許可についてメールを出しました。
(指導書自体は削除されており、教諭のサイトも閉鎖となっていますが、インターネットランド(TOSS)からのリンクだけ残っています。今回は指導書の内容の是非には触れません。検索ページの転載の話です。)
また返答もなく、リンクが削除されるのでしょうか。

01/19
福島県の教諭のメールアドレスが無効となっていて連絡を入れることができないので、問題の指導書の推薦グループでもあり、教諭の参加している(していた?) TOSS福島ML の管理者に事情を書いて教諭に連絡の依頼のメールを出しました。

01/17
福島県教育委員会 学習生活指導グループ からご返事をいただきました。
----- 一部引用 -----
 今、学校においては、豊かな人間性・社会性など豊かな心の育成に向け、全教育 活動を通して、様々な取組みにより努力しているところです。
その中でも、心の教育の中核をなす道徳教育については、児童生徒の心に響く教材の開発や保護者をはじめとする地域人材の活用など、児童生徒や地域の実態に応じて、様々な試みがな されております。
 県教育委員会としては、今回御指摘いただいた情報等も踏まえ、道徳教育に係る 研修会や教育課程研究協議会等において、指導方法や教材開発についての研修を充 実させ、児童生徒の心に響く道徳教育の推進に努めていきたいと考えております。
--------------------
懐疑心というのは子供にとっても必要であると思いますが、同時に弊害もあるかもしれません。
バランスが難しいでしょうね。
しかし、伝えられた事をありのままに受け入れるだけではなく、事実を調べる力(気持ち)は必要かもしれません。
福島県で教育に「波動」関連の話が出たときは、福島県教育委員会が対応してくれると信じます。
(↓の掲載ページ転載は「騙された例」として掲載したい話なので進めますが。)
01/17
インターネットランド(TOSS)に波動関連書籍を参考にした指導書へのリンクの表示される検索ページをこちらのサイトに転載する許可について、インターネットランド(TOSS)管理者宛にメールを出しました。
数日たっても返答が無いようでしたら「転載を了承する」と受け取らせて頂きます。転載不可の場合は理由を掲載するかもしれません。ご了承ください。
メールの確認が遅れた、対応していたが返答が遅れたといった場合はあきらめてください。

その指導書を作成した福島県教諭に指導書をこちらのサイトに転載する許可についてメールを出しました。
しかし、メールアドレスが生きてないようです。
前回メールを出した時は問題無かったようなのでその後アドレスを変更でもしたのでしょうか。
と、言うことは前回のメールには目を通されてる可能性はありそうです。
ま〜、指導書の削除はしない、話し合ったり、返答もしない、については理由はいろいろ考えられますし、自分の意見にとって好まない意見が送られてきた気持ちはわかりますが、教師らしい振る舞いをされた方が良いかと思いますね。
01/13
[ 波注実験 ]で「ご飯に声かけ実験」を開始しました。
01/12
千葉県浦安市 浦安市役所 総務課に「返答が無い場合は掲載が許可されたと考える」、「対応中なら簡単な返事でも良い」と付け加えて再度メールを入れましたが返答が無いので市役所サイトに掲載されている記事をこちらのサイトに転載させていただきました。
浦安市役所 様、無言の許可ありがとうございます。
01/09
返答や対応も無いようなのでインターネットランド(TOSS)は自身の検証のできる組織では無いと考え、福島県教育委員会へインターネットランド(TOSS)に波動関連書を利用した指導書を掲載してる福島県教諭について注意報を出しました。
(◆ 波動注意報は ◆の中に「強制ではない。結論は機関側の判断。」と書いてますが、当たり前の話で返答も対応も無ければ注意報はより上位、多方面に広げます。機関側が何らかの「対応を取らないで良い」という考えを持っているならメールで主張すればよろしい。対応中だが返答が遅れてるだけならすまんね。)
01/07
千葉県浦安市 浦安市役所の「広報うらやす2003年3月1日号」に掲載され、2004年4月17日に浦安市役所サイトの「こんにちは市長室です」に掲載された「ありがとうの波動 浦安市長 松崎秀樹」について浦安市役所に注意報及び記事転載可能かメールをいれました。
返答が無いようなら「正式には許可はしないが黙認」と捉えて掲載していきます。
(転載不可の返答があった場合はその理由を掲載するかもしれませんのでご了承ください。)
01/02
インターネットランド(TOSS)から岩手県教諭の指導書へのリンクが削除されたようです。(01/02に確認)
他の波動関連書を参考にした指導書へのリンクは残っていますから、インターネットランド(TOSS)の判断では無くご本人の要望で削除されたのだと思います。

2006年

 
12/28
岩手県教諭のサイトから波動関連書を参考にした指導書が26日の22時頃削除されました。
インターネットランドには指導書へのリンクは残ってるものの閲覧はできなくなりました。
サイト自体工事中となっていて今回の件の影響かはハッキリしません。
心労をかけさせてしまったかもしれませんが、ありがとうございました。

12/26
前回はインターネットランド(TOSS)のご意見・お問い合わせフォームから注意報を入れたが一部文字化けを起していた。FAQの中に管理者向け質問用メールアドレスがあったので、そちらへも注意報を入れました。
12/23
「波動」関連書を参考にした指導書を掲載している教諭には「教諭としての自覚」もしくは「自分の書いた記事に責任を持つ」という気が無いと判断してインターネットランド(TOSS)に注意報を出しました。
TOSSからまともに返答が無いようなら責務放棄と考え、各教育委員会へ連絡を入れてみようと思っています。

12/22
インターネットランド(TOSS)のトップページの変更受付はユーザーの登録情報変更かな。ページの登録情報変更・削除は自分では行えないとFAQに書いてあった。

12/21
インターネットランド(TOSS)に「波動」関連書を参考にした教育指導書(追試)が掲載されていることについて筆者である福島県の教諭(?)に注意報を出しました。

12/20
岩手県の教諭から「(「水からの伝言」を)信じてはいない。HPから削除しました。」という連絡をいただきました。ありがとうございます。
しかし、元サイトのページから該当ページへのリンクは削除されているが、該当ページ自体は残っていて、TOSSから閲覧できる状態のままです。
TOSSの記事の登録情報修正の受付を見てみると修正や削除はリアルタイムで行えるようだが、はて?
少し様子を見てみたいと思います。

12/20
インターネットランド(TOSS)に「波動」関連書を参考にした教育指導書(追試)が掲載されていることについて筆者である岩手県の小学校教諭に注意報を出しました。

12/17
NHK高知放送局(NHKオンライン)に高知の祭りについて注意報を出しました。やはりNHKオンラインの字数制限に苦労した。

12/03
作成途中だが公開。

12/01
波動注意報のページの作成をはじめる。

11/21
札幌市教育委員会 生涯学習推進課 から「風人の祭り 2005 in 北海道」の後援取り消しの報告を頂きました。ありがとうございました。
----- 報告から一部引用 -----
10月28日、主催者の代表を呼び事情を聴取した結果、「水の結晶写真展」に関する部分は科学的に不確かな内容であり、パンフレットにもその内容が記載されていることなどから、教育委員会が名義後援するに相応しくない部分が含まれている行事であると判断し、後援を取り消しいたしました。
----------------------------

11/02
札幌市総務局広報部 市民の声を聞く課 から札幌市教育委員会 生涯学習推進課への連絡と連絡により「風人の祭り 2005 in 北海道」の後援取り消しになった事の報告を頂きました。ありがとうございました。

10/28
「風人の祭り 2005 in 北海道」への札幌市教育委員会の後援が取り消されました。

10/28
北海道札幌市のイベント「風人の祭り 2005 in 北海道」に波動関連業者の協賛、「水の結晶」コーナーがもうけられている事について後援として参加している札幌市教育委員会へ注意報を出しました。

10/21
高知県の祭りについて後援として参加している NHK高知放送局へ注意報を出そうとしたが、NHKオンラインの意見フォームが400字制限で書ききれず断念。
ホームページが必要かと考える。

10/21
高知県の祭りについて後援として参加している 高知市役所 岡崎誠也市長へ注意報を出しました。(高知市役所サイトで検索すると以前市長も祭りに参加されていたようですね。さすがに「波動汚染」されてる事は無いでしょうけど。(岡崎誠也さんかどうかは不明))

10/20
中国四国農政局のサイトからその祭りの記述がカテゴリごと削除されました。
(行動が速いのは素晴らしいですが、やっかいな物に蓋をするのでなく事実を調べて検討して欲しいところです。祭りそのものに直接関係してないので判断が難しいのでしょう。)

10/19
波動関係者の推進する高知県の祭り(注:祭りそのものが関連してるわけではない)について後援として参加している KUTVテレビ高知、RKC高知放送、高知県庁 橋本大二郎知事、高知商工会議所、高知新聞、そしてサイトに祭りの情報を掲載している 中国四国農政局 へ祭りを通して「波動」が広がる可能性の注意報を出しました。

夏〜
知人から「波動」の商売への誘いが来る。
調べはじめる。
サトルエネルギー学会の「10周年記念シンポジウム」に参加を誘われるが調べるとまるで宗教の様相なので「波動商売」ともどもハッキリと断る。
知人の話から議論しても平行線を辿ると予想して、こちらからは知人へ議論は持ちかけ無い。(救済はしない)
知人は「私には霊感があって、先祖の気持ちがわかる。」「DNAには先祖の生き方が記憶されている。」とも話している。
自分に利益還元される高額な化粧品の紹介なども行っていてマルチ商法まがいなことに非常に興味を持ってる人物と判断する。


2005年


それ以前
知人が波動関連商品の塩を配ってることは知ってたがインチキ臭いなぁ、と思っただけで関心がなかった。
別の知り合いを通じて塩が手元に来たりしたがやはりカルトと感じて興味は起きなかった。
塩は細かい粉末になっていて料理には使いづらいと思った。
(細かすぎて溶けるのは早いが指に付きやすく「振り塩」がしづらい。)
 

[ 戻る ]