×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

波動注意報
「波動汚染」の広がりを防ぐためニューエイジ系・オカルト系「波動」 「水の結晶」の関わるイベントや活動などに一般企業や公的機関が参加した時に注意報を出します。
 
{カウンター}
 - 実験02
波動信奉者・波動の存在を揺るぎなく信じてる方はページを閉じられる方がよいでしょう。
 
◆ 椎茸に音楽実験01 ◆
 

↓下からスタートです。(日付内は上から読みます。)

 

2006年04月05日

栽培手引き書の最終技を出したものの、
生えてきたのは 椎茸じゃないカビだ。

白い受け皿(音楽有り)

透明の受け皿(音楽無し)

「波動」ダメじゃん!
椎茸をいっぱい食べられるかと期待してたのに。
「無いもの」ねだりをしても「無駄」ということですなぁ。
これで「椎茸に音楽実験」は終了でいいでしょう。
やっと椎茸を買って食べられるよ。
(椎茸の栽培自体は面白い。
この実験では菌床を2個にカットしたのが大きく響いたのでしょう。)
終了!

2006年04月05日

2006年03月29日

3月11日に書いた小さい椎茸以降まったく生えてこない。
(違うな、ブログの22日に書いた小さい椎茸のことだ。)

白い受け皿(音楽有り)

透明の受け皿(音楽無し)

この実験に意味があるのだろうか?

「無いで〜〜〜す。」

他の実験はどうだろう?

「同じで〜〜〜す。」

わかってはいるが、それをいっちゃぁ、おしめぇ〜よ。
ということで、最終技を出すことにする。
椎茸栽培の手引き書に書いてある、2回目以降の手順という奴だ。
「菌床ブロックを水の中に数時間ぶち込んどけ!」だ。
これでも変化が起きないようなら椎茸実験は終了だ。

2006年03月29日

2006年03月11日

白い受け皿(音楽有り)の3月7日の小さい椎茸が、
大きくなってきて昨日あたりが収穫時だと思った。
撮影がめんどくさくて今日にした。
(ホントは今日もめんどくさくて明日にしようと思ってた。)

1

でかっ!
やっぱり1日遅らせるだけでずいぶん育つ。
音楽有りを2個目収穫。

2

もう1日おいたらもっと大きくなるのかな〜?
こんな調子だと「波動」の効果は大きさじゃ判断できないし、
同時に収穫できてないから味への影響も比べようがない。
と、いうか、実験になってるのだろうか?

「なってないと思います。」

管理人 K2 の食欲を満たしてるのだろうか?

「満たしてないと思います。」

なんだよな〜、「波動」!
全然役に立たんじゃん。
あきまへんな〜、どないしまひょか。
うぐぐ。

2006年03月11日

2006年03月07日

久しぶりに更新。
透明の受け皿(音楽無し)の方だが、ビニール袋に入れて袋の上端を持って
移動してる間に小さい椎茸を2個折ってしまっていた。
現在は袋の下を持って移動している。あ〜、めんどくさい。
(水を霧吹きでかけるので置き場から移動が必要なのです。)

1

27日の収穫以来生えて来そうな様子がない。
白い受け皿(音楽有り)の方は、数日前からやっと椎茸が生えてきた。
撮影を延ばしてる間にどんどん大きくなって収穫時期になってしまった。

2

昨日見た時よりかなりカサが大きくなっている。
右ななめ下の菌床ブロックの切断面にもう1個生えてきている。
う〜ん、これだけ変化が激しいと椎茸の大きさや味を比べるには、
生えてから成長までかなり厳密に記録していかないと意味無いのでは…。
もちろん、個々によって成長自体違うんだろうし、
その成長に音楽(波動)が絡んでる、なんてのはどうやって判断すればいいんだ?
今更ながら、無謀な実験を噛みしめている。(アホだ。)
しかも、27日に盛上がってきた箇所はその後動きが無い。
まったく予想してなかった場所から生えてきた。

菌床ブロックを切り離した箇所から水分が抜けやすくなって
成長が困難になってるのかなぁ。
熱上昇を伴わない程度の水分子の振動(波動)によっての
科学的常識を超えた大幅な環境改善なんてまるっきりなさそうだね。

3

とりあえず、白い受け皿(音楽有り)から1個収穫、と。

2006年03月07日

2006年02月27日

透明の受け皿(音楽無し)から2個収穫。合計11個。
これで大きな椎茸は無くなった。

1

白い受け皿(音楽有り)の方にやっと動きが出てきた。
数ヶ所に盛り上がりが見られる。
椎茸が出てこようとしてるのだと思う。

2 3

出てくるまで長かったなぁ。
とても音楽(波動)に効果が有るとは思えない。

2006年02月27日

2006年02月23日

透明の受け皿(音楽無し)の方からもう1個収穫した。
合計9個。
数も増えてきたことだし、料理をしてみた。
オリーブオイル・にんにく・鷹の爪の輪切り・塩・ほうれん草・しいたけ
ペペロンチーノ風炒め物だ。(ここは料理サイトだったか?)

1

本当なら味の比較のため焼いて塩か醤油程度で
シンプルに食べた方が良いと思うけど、 なにしろ味を
比べる相手(白い受け皿(音楽有り)の椎茸)がいない。
相変わらず生えてきそうな気配は無い。
なんだか長期戦になりそう。
料理は美味かった。

2006年02月23日

2006年02月21日

透明の受け皿(音楽無し)の方の椎茸を2個収穫した。
大きさは昨日と同程度だ。これで合計8個。
↓白い受け皿(音楽有り)へはこんな感じで音楽を聴かせている。

1

現在は、両方の菌床ブロックをビニール袋に入れて暗めにしてある。

2006年02月21日

2006年02月20日

透明の受け皿(音楽無し)の方はさすがにそろそろ収穫時期だと思う。
(正確には料理によって収穫時期を考えるようだ。)

1

収穫後↓(撮影時の設定を変えたので色合いが変わった。)

2

う〜ん、椎茸の大きさを伝えるのは難しいな。
一番カサの大きな物は、7センチ3ミリ。
高さの大きい物は、6センチというとこか。
収穫本数は6本。

3

音楽有りの方は波動の影響で圧倒的に良い成長をするはず。
だが、一向に生えてきそうな気配が無い。
栽培説明書を見ると、椎茸の芽が出にくい時は
ビニール袋に入れておけば良いと書かれている。
む〜、とは言っても片方の菌床ブロックだけビニール袋に入れるとマズいだろうし、
両方入れた方がいいのだろうなぁ。
どうやら、仮に良い波動というものがあっても生活環境改善とはいかないようだ。

2006年02月20日

2006年02月19日

透明の受け皿(音楽無し)の椎茸はかなり大きくなった。
↓どこで手に入れたのかわからない人形の大きさは約 6センチほど。

1 2

栽培説明書を見てみると、
7日〜15日で椎茸が大きくなって収穫できると書いてある。
と、いうことは通常は7日前ぐらいには生えてくるということだろう。
きっと白い受け皿(音楽有り)の椎茸は予想よりも早く生えて
どんどん大きく育つのだろう。 波動様々だ。
波動入りで「お椎茸さん こんにちは」という商品を作ればいいかも。

3

とうぶん生えそうに無いが。

2006年02月19日

2006年02月17日

菌床ブロックはすでに生えていた椎茸の位置のため
やや変則に切り分けた。(↓上から見た図。椎茸の位置は適当)

菌床ブロック クリックしてもこのまま。

↑右側の椎茸のまだ生えてない方に音楽を聴かせている。
白い受け皿の方だ。何か印を付けなきゃなぁ。

透明の受け皿(撮影方向は適当)
1  2  3

白い受け皿(同じく方向は適当)
1  2  3

椎茸拡大画像

2006年02月17日

2006年02月15日 実験スタート!

椎茸栽培セットが届いたので実験にとりかかる。

椎茸菌床ブロック クリックしてもこのまま。

↑中央の白い丸は一円玉。結構でかい菌床ブロックだ。
袋を開け、取り出してみると、

クリックで拡大画像

ゲッ、もう椎茸が生えてるぞ。
ブロックは三個あった方が良いのかもしれないが、
このブロック一個を二等分して誤魔化すことにする。

クリックで拡大画像

片方に音楽を聴かせてもう片方は音楽無し。
ブロックが三個あれば一個にヘンテコな音楽を聴かせることができるのに、残念。
音楽はオーディオプレイヤーに録音して小型スピーカーで1日1回聴かせる。
曲を何にしようかと迷ったが友人にもらった「月光浴」があったので
その中の「水の月光」という曲にしようと思う。
「BAD WEATHER」という曲も良さそうなんだけど、
書籍の「水の結晶」実験の話だと曲のタイトルも関係するそうだからやめた。アホか。
どちらのブロックに曲を聴かせるか悩むとこだが話どおりなら成長が良くなるのだろうから
現在椎茸の少ない方に聴かせていこう。
ブロックの様子をもっと撮影した方がいいかと思うけど、それは後日。

2006年02月15日 実験スタート!

◆ 実験について ◆
 
  • 音楽の偉大さの確認、管理人の食欲をも満たす壮大な実験です。
  • これまた「科学実験」では無く、「波動の実験」となります。植物に音楽を聴かせて育成する事が科学的にどの程度検証されているのか、音楽療法(?)と波動がどの時点で絡んだのかよくわかりませんが、このサイトでの実験では「波動」を中心に考えます。考えるだけですが。
    (科学的に検証とは、その通り「正しい科学手順での検証」です。このサイトでは正しい科学実験もできませんし、科学を装ったデタラメな情報も当然無意味なのであまり考えずにいきます。どうせできることは限られています。)
  • 1個の菌床ブロックを2個に分割し、片方に音楽を聴かせてもう片方は音楽無しで育てます。
  • オーディオプレイヤーに曲をMP3ファイル(320kbps)として録音して1日1回聴かせます。
  • 曲は「月光浴」の中の「水の月光 - 作/編曲 桑野聖」です。椎茸に曲のタイトルは知らせていません。
    曲のタイトルも波動に関係するという頭に亀裂の入った話があって、「水」は良いが「月光」には内向的で活発でないイメージがあるかもしれない。
    しか〜し、椎茸栽培に直射日光は厳禁なので「陽光」だとむしろマイナス波動です。
  • 菌床ブロックは日常の雑音が入りにくく、できるだけ部屋の暖かい場所に置きます。
    (実験室じゃ〜無いので完璧なんてとても無理ッス。)
  • 菌床が乾燥しないように小型浄水器で浄水された水を定期的に霧吹きで吹きかけます。
  • 波動があるとするなら椎茸の予想される変化は、「成長が早い」「大きくなる」「数が多くなる」「味が良くなる」「椎茸が超元気=胞子飛びまくり=匂いが強い?」「音楽を聴かせたブロックと聴かせなかったブロックの成長度がハッキリと違い、音楽を聴かせたブロックの成長が圧倒的に良い」というところでしょうか?
  • 椎茸の大きさ、収穫本数、見た目の良さ、味などが評価の基準になるでしょう。
    ただし、最初から菌が両ブロックに均等に付いてるのかもわかっていません。波動の実験とはそんなものです。

[ 戻る ]