×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

波動注意報
「波動汚染」の広がりを防ぐためニューエイジ系・オカルト系「波動」 「水の結晶」の関わるイベントや活動などに一般企業や公的機関が参加した時に注意報を出します。
 
{カウンター}
 - 実験04
波動信奉者・波動の存在を揺るぎなく信じてる方はページを閉じられる方がよいでしょう。
 
◆ 納豆に文字見せ実験01 ◆
 

↓下からスタートです。(日付内は上から読みます。)

 

2006年04月13日

昨日再び電気ポットに入れてから24時間ほど経ちました。

「ありがとう納豆」 1 2

「ばかやろう納豆」 1 2

昨日よりは大豆の表面に納豆ぽさが出ています。
味は大豆と納豆の中間というところでしょうか。
昨日同様粘りは出ていません。
「ありがとう」、「ばかやろう」に差は感じられません。
上手く納豆にならなかった理由としては、
コップにかぶせたクッキングペーパーに水滴が付き、
空気を遮断したためではないかと思います。
できれば文字の「波動」の力で劣悪な環境を改善して欲しかったところです。
ま、そのような都合の良い力は働かなかったということですね、ハイ。
終了!

2006年04月13日

2006年04月12日

18時間経過したところで電気ポットを開けてみた。

クリックで拡大画像
「ありがとう納豆」

クリックで拡大画像
「ばかやろう納豆」

昨日入れた市販の納豆の粘りしか無く、両方食べてもタダの煮豆です。
「ありがとう」、「ばかやろう」に差も、特別な変化も感じられません。
(色味が若干違うのは撮影と画像処理時に出た差です。目視では同程度。)
仕方無いのでもう少し市販の納豆を混ぜてまた電気ポットに入れます。
また何時間か耐えてみましょうか。

2006年04月12日

2006年04月11日 実験開始!

茹でた大豆に市販の納豆を混ぜ、
「ありがとう」「ばかやろう」の文字を見せて納豆を作ります。
まずは乾燥大豆を水に浸し、鍋で茹でて柔らかくします。

クリックで拡大画像

一晩水に浸す予定が二晩になりましたが、ま〜、いいでしょう。
2時間ほど茹でて柔らかくした後に陶器のコップに詰めます。
市販の納豆を少し入れてよく混ぜます。
「ありがとう」「ばかやろう」の文字を用意します。

クリックで拡大画像

電気ポットに水を入れて、60度に設定します。
コップにクッキングペーパーをかぶせ、文字を大豆に見えるように置きます。

クリックで拡大画像

電気ポットの湯気でもう文字がフニャっています。
書籍の「水の結晶」などの波動の効果を見ると対象物は
子どもどころか大人より頭が良さそうなので文字の曲がり程度は平気でしょう。
この時点ですでに脱ぎたての靴下の匂いがしますが、気にしないようにします。
18〜20時間程度で出来上がり!(のハズ。)
これで納豆ができるのか、って?知らん!

2006年04月11日 実験開始!

◆ 実験について ◆
 
  • 文字の持つ力(波動)で管理人の食欲を満たす壮大な実験です。
  • 茹でた大豆に市販の納豆を少量混ぜて18〜20時間おいて自家製納豆を作ります。
  • 保温時に「ありがとう」「ばかやろう」の文字を大豆に見せます。
  • 文字の持つ「波動」により、「良い文字」であるらしい「ありがとう」を見せた納豆菌は大豆を素晴らしい納豆へと変えるハズです。反対に「悪い文字」であるらしい「ばかやろう」の文字を見せた納豆菌の大豆はまともに納豆にすらならないかもしれません。
  • 「納豆」じゃなくて「大豆に文字見せ実験」なんじゃぁ…、いや、「納豆菌に文字見せ実験」なんじゃ…、と疑問を持ってはいけません。波動の効果を感じるには、盲目的に、バカになって信じる事が大切です。

[ 戻る ]